秋鹿の倉垣村が劇的に美味しくなった話

2009年7月9日
日本酒

しばらく日本酒ネタは休んで店のことでも書こうかな、と思っていた矢先に衝撃があったので続報です.

七夕酒

使いまわしのこの写真ですが、今回は”倉垣村”(右端)のお話です。と言うか七夕の2本は既にありません(笑

 
さて、大阪の銘酒、秋鹿の倉垣村。初日の感想は正直言って物足りなかったのが本音。

 
それが翌日口にすると、前日はっきりと認識出来なかった吟醸香がリンゴに似たそれだと分かり、実はこの段階で先日のレポートは作成されました。

 
そして更に昨日、3日目

 
昨日までとは明らかに違う酒質!!

 

立ち香は紅玉(まぁリンゴはリンゴですけど・・・)にマスカットを足した様な甘味に変わり、口当たりも旨みが前面に強く感じられ濃醇。

 

程よく釣り合った酸味がキレよく舌の上に影を残さない味わいはそのまま!

 

何で!? こんなに早く変化したんって初めてなんやけど!!

 

保管状態も悪くないはずやし。。。
まさか冷蔵庫の温度設定おかしくなってる!!??
昨日、冷凍室のアイス軟らかくなってたし!!
やべ~~~~
こんなことしてられへん!見に行かな!
おかん様、直しに来てーー

 
ではまたです(_´Д`)ノ~~