百楽門 純米吟醸と司牡丹の山柚子

2011年11月7日
日本酒
スポンサーリンク

伊勢海老とアコウ(キジハタ)

 

何がなんだか分からないままに月日だけが流れ、前記事から実にほぼ1か月ぶりの更新です。
定期的にブログにご訪問してくださっている方々におかれましては本当に申し訳ない限りです 。
今日は押し売りされて困っているもの(笑)をご紹介。あわよくば食べに来てくださいね~な記事です。

キジハタ・伊勢海老

伊勢海老にアコウ。
毎度のことながら、尺計るのに使ってる包丁は刃渡り27センチ弱。
どちらも結構大きいです

 
いつまでも売れ残られると我々のまかないが豪勢になってしまうので、食べてくださる方を大募集です!
伊勢海老は片身ずつ使いますが、お造り・サラダ・焼き物・揚げ物・煮物どれでも1000円で。
高いと思われるか安いと思われるかはお任せします。

 

 

アコウも900円ぐらいですかね。こちらは数が少ない(全部で10匹ぐらい)ので売れ残る心配はさほどしてないですが、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

 

百楽門 純米吟醸 (葛木酒造)

こちらは押し売りされたものではありません。今日入荷してきた日本酒のご紹介。

百楽門 葛木酒造

奈良県は葛城酒造 百楽門の純米吟醸
燗にして尚キリっとした飲み口」を探してて これに決定。
他にも色々候補があって迷ったんですがね、最近自分が京都・奈良に行きたい気分なので、酒だけでも奈良にしようと(意味不明ですね、すみません)

 
もうひとつは日本酒ではないのですが、高知県 司牡丹酒造が造った柚子酒「山柚子」です。

司牡丹といえば人気銘柄「船中八策」。あの熟れた葡萄のようなうっとりする旨味を柚子に置き換えてイメージしてくだされば良いかと。

 

スッキリとした口当たり。梅酒とはまた違った美味しさです。
ソーダ割りにしても飲みやすいし結構オススメです。
ではではまた